【最新版】人気パークゴルフボールメーカーSPGのボールの種類と特徴を徹底比較します。

2023年現在は

 

ウルトラフライ

フォーミュラ

エアジェット3

スパークル

 

が出ています。

本記事では、SPGのパークゴルフボールのそれぞれの特徴をメリット・デメリットでわかりやすく解説しています。

 

初心者なんだけど、SPGのボールはどれがいい?
次になんのボールを買おうかなー

という疑問にお答えいたします。

少しでもパークゴルフを楽しくお手伝いできたら嬉しいです。

ウルトラフライ

SPGウルトラフライパークゴルフボール

2022年のシーズンで一番使い込んだボールです。

SPGのメーカーの中で一番軽い重量で打感が軽く気持ちいのが特徴です。

ロブショットをするにおすすめのボール

ウルトラフライはTショットの際にロブショットで打つ時にすごい打点が上がりやすく、札幌パークランド(SPGのショップ)のクラブの試し打ちではこちらのウルトラフライを使用しています。

ロブショット以外にも普通にライナー打ちで打った際もカンッと軽い音で打て、手に振動がそこまで来ないです。

ラフ出しや寄せの際に最適なボール

Tショットからピンに寄せる際にうまくいかなかったり、ドッグレッグのテクニカルなホールではどうしてもストレートのようにぴったりピンに寄ることが難しいですよね。

こちらのウルトラフライはトラブルショット(ラフに入ってしまった)ボールを寄せるのにSPGのボールの中で一番適していると言えると思います。

Tショットが安定しないで右ふけしてしまう初心者のプレイヤーではその後ピンに寄せるショットが上手くいかないのであればこちらのウルトラフライで練習やラウンドしてみてはいかがでしょうか。

1年間徹底的に使い込んだSPGパークゴルフボール『ウルトラフライ』のメリット・デメリット

ウルトラフライのデメリット

ウルトラフライはSPGのメーカーのボールのなかでは一番軽いのが特徴です。

その特徴は良い反面が、軽いので風の抵抗がもろに受けやすいボールとなっているのです。

かつショットする力が強い人はボールが負けてしまいロングホールになればなるほど球が曲がってしまうことがあります。

ですが、私はこのウルトラフライはSPGのボールのなかで一番好きなボールです。

フォーミュラ

spgパークゴルフボールformula

フォーミュラは1ピース構造でウルトラフライよりも重く、エアジェット3よりも軽い丁度SPGのパークゴルフボールの中で中間ぐらいの重さとなっています。

1ピース構造なので打感は重い感じがしますが、最も距離を合わせるのに正確なボールだと私は思っています。つまり素直に打った力に応じて飛ぶということです。

フォーミュラは頑丈に作られておりよっぽどではない限り壊れないのが特徴

パークゴルフのボール全般として言えることは1ピース構造のボールは壊れにくいことであります。

ちなみに2ピース構造と違って1回の工程で制作されているので、2層目の隙間がなく亀裂もはいりにくく、SPGのボールの中では一番耐久力が高いのが特徴です。

打った力に対して正確な距離が出るボール

SPGの中でこちらのフォーミュラは打った力に応じて距離が等しく出る。つまりリニアな状態になるのが特徴です。

ウルトラフライを使用して距離感が合わなかった時はこちらのフォーミュラを使用して距離を調節したりします。

フェアウエイの濃いパークゴルフ場はピン周りの芝が濃いとウルトラフライでは芝に負けてしまい失速してしまいがちですが、フォーミュラであれば合わせやすく来シーズンは使い込んでみようと思ったボールの一つです。

初心者の基礎固めにおすすめ!SPGパークゴルフボール『フォーミュラ』の感想

フォーミュラのデメリット

個人的な印象としてフォーミュラを使用しているパークゴルファーが少ないと思います。SPGでは打った力に応じて一番リニアなボールとして販売していますが…

あと、打感が重い感じがするので、スイートスポットに当て損じた際は手に振動が伝わってきたりするのがもろに受けるボールでもあります。

ウルトラフライは軽い、エアジェット3は重い。その間をとってフォーミュラは中間とのことで使いづらいと思う人も多いとか。

私はこちらのフォーミュラで距離を合わせる練習をやりこんだので一番頼りにしたいボールです。

エアジェット3

air jet3 パークゴルフボールSPG

エアジェット3はSPGのボールの中で全天候対応したオールマイティなボールです。

構造は2ピースとなっており、フォーミュラより重いが、打感は軽いなんとも不思議なボールです。

ちなみにこちらのエアジェット3はSPGのボールの中で一番人気なボールとなっており、『3』と書いてある通り1と2が以前ありました。

なので改良に改良を重ねてこちらの3にたどり着くこととなっています。

グリーン周りで効果を発揮する

秋口ごろにはラフは濃く、フェアウエイは薄くなり、ピンのグリーン周りは非常に芝が短く弱い状態のパークゴルフ場もちらほらある時に私はこのエアジェット3を使用しました。

Tショットで打った時にラフに入っても夏の様に濃いラフでなければ多少ごろでも大きくスイングしなくても芝をかき分けていくので重宝しました。

そして花夢里パークゴルフコースのようなベントグリーンになっているところでは芝のほつれでパッティングラインの途中でスライスかフックしてしまうこともありましたが、エアジェット3に変えてからは思ったラインに行くようになりました。(ちなみにその前はフォーミュラを使用)

どちらかというと秋ごろになると私は使用する感じです。

完成されたエアジェット3

制作メーカー側もエアジェット3はSPGのボールの中で一番完成されていると聞きました。

歴史も長いことから毎年SPGのボールは少しづつ変わってきているので、これからもエアジェット4やウルトラフライ2など性能がどんどん良くなってくると思います。

とりあえずパークゴルフ初心者やSPGのボールを使ってみたいと思う人はこちらのエアジェット3から使ってみる方が良いですね。

エアジェット3のデメリット

フォーミュラより壊れやすいそれだけです。

2ピース構造なので1層目と2層目が剥離して白っぽくなってしまったりすることです。

そして2ピース構造の弱点なので仕方がないですが、同じ場所を打ち続けるとボールバランスが狂ってしまうことです。

使用頻度にもよりますが、ある程度使ったと思ったら新品に交換する方がいいと思います。

もう一つが重いのでラフには入ったときはロブショットやカット打ちで脱出し辛いことです。

SPG エアジェット3 パークゴルフ ボール 用品

スパークル

sparkle SPGパークゴルフボール

2022年の最新モデルとして発売されたSPGの中では一番新しいボールとなっています。

また、色も10月頃に白色の新色が追加され、2023年には正式に白色が仲間入りします。

こちらのスパークルと変わって、コスモワンというボールがありました。

どうやらコスモワンの代わりにスパークルが発売され、事実上コスモワンの改良?バージョンっぽい感じがします。

スパークルは肉球の柄と星柄があって可愛らしい模様で目立ちます。

そして2022年はこちらのスパークルを持ってパークゴルフ場でラウンドしている方がたくさんいましたね。

SPGの中で一番の重量を持つボール

先程も書いた通り、コスモワンの後釜として発売されたボールがこちらのスパークルです。

重量が重いので、ショートホールのTショットやグリーンのパッティングなどに絶大な威力を発揮するボールです。

それに2ピース構造なので打感はそこまで重く感じづらくコスモワンは1ピース構造なので同じぐらいの重量でもスパークルのほうが打感は軽いです。

重い特性を上手に使う

荒れたグリーンやフェアウエイ、雨天時のパークゴルフは重量があるスパークルは得意です。

ロブショットでどうしても打ったほうが良い結果になると判断するホールもなくもないが、ウルトラフライだと落ちた地点が傾斜になってたりするとあらぬキックになってしまう。

しかし、スパークルを仕様すると衝撃が吸収され重いままに良いキックも悪いキックもそこまでいかない。

その特性を利用してあえて重量があるボールでロブショットもすることも手だと考えます。

スパークルのデメリット

スパークルのデメリットとして、パワーヒッターつまり力がある人やロングホールのTショットの際に力がボールにかかるスイングをする際にかなりボールに負担がかかりやすく内部剥離してしまう欠陥があるということです。

ボールの制作もアタリハズレあるので、運良く悪いボールにあたってしまうと故障するということもあるかもしれません。

ですが、交換時期がわかりやすいボールと思えば買い替えのタイミングを知る上では良いと思います。

他のパークゴルフのボールはなかなか壊れづらいので交換時期がわからないままボールバランスが狂いまくったボールでパターとかをするので不調かな?と思う前にこうして目に見えて壊れたというサインは良いようにも捉えられます。

SPG パークゴルフ ボール スパークル パークゴルフ用品 パークゴルフボール

状況別に使い分けることが大切

最新モデルであれば性能が良いに違いないことは確かですが、制作側の方からすると最近のパークゴルフボールは得意不得意があって、状況に合わせてボールを変更することがパークゴルフのラウンドを優位に進めることができる。という考えになっています。

例えばですが、雨のときが得意なボールは

・エアジェット3

・スパークル

この2つで、重いボールです。

カジュアルウォーターだらけの大会に出るときも軽いボールでパッティングやTショット時に少々の水たまりは負けてしまいますが、スパークルやエアジェット3ならライナー打ちですと対応できることがあります。

秋口や室内パークゴルフ場はあえて重いボールでプレーする

雨天時も水たまりに負けないように重いエアジェット3やスパークルも使いますが、秋頃の芝が弱っている状況ではあえて重いボールを使います。

軽い方がいいのでは?

と思いますが、軽いと芝のほつれに負けてしまうのが一番の理由で使用を控えたほうが良いとは思います。しかし、軽いウルトラフライを使ってパークゴルフをしても全然問題なく、自分のスタイルを貫くパークゴルフの方が大切かと思います。

SPGの専門店概要

 

札幌パークゴルフ(北海道札幌市東区北18条東21丁目 TEL 011-786-5000 FAX 011-783-2000)

札幌パークランド(北海道北広島市大曲柏葉2丁目1-6 TEL 011-370-3111 FAX 011-370-5566)

 

公式HP:Sapporo Park Golf officialwebsite