大倉山展望台から見た札幌の冬景色【レビュー】

このチョー寒い時期(2月)にわざわざ地元札幌の大倉山展望台と札幌ウィンタースポーツミュージアムの2つを見てきました

 

土曜日の開店朝一番に行ってきたので、比較的空いています

リフトからみた大倉山のスキージャンプ台は絶景!

 

展望台では大倉山展望台特製のスイーツがあるのでそちらもぜひたんのうしてほしい

 

今回は、大倉山展望台のご紹介をいたします

 

大倉山展望台の素晴らしい眺め

大倉山スキージャンプ台

あいにくの天気で写真写りは良い状態ではないですが、積雪があったため、ジャンプ台らしい画になっています

 

大倉山のジャンプ台の上が展望台となっているため、ここからスキージャンプ台の立つ場所までリフトで移動します

 

 

雪を均す機械

リフト乗り場まで歩いている最中にジャンプ台の雪を均一にならす機械が仕事してました

この機械はスキー場に似たのがありますね。こんな機械を急な勾配で上り降りしている運転手さんは怖くないのかな(笑)

雪を均一にならしている機械

こんなふうに…怖くてちびっちゃいそう

 

ちなみに、こちらのジャンプ台の最大の傾斜角度は37度です

 

リフトの乗り口

リフト乗り場の前までやってきました。

通常のスキー場の二人の利用のサイズなので、乗りなれている人はなんも恐怖感も抱かずに乗れます

 

大倉山展望台のリフトとから見たジャンプ台のデカさ

大倉山展望台のリフト

下のリフト乗り場からこちらの展望台までの5分で行き来できます

 

スキー場にあるリフトと同じぐらいの勾配でどんどん上がっていくと

 

ジャンプ台の景色

横にはジャンプ台からの景色がみえます

 

スキージャンプの高梨沙羅さんや葛西選手が実際に飛んでいた場所です

 

スキージャンプ台の飛び立つ場所

ジャンプ台の飛び立つ場所まで上がってきました

 

ここから先程の下までジャンプして滑走します

 

数々の選手がここから飛んだと考えるとなると、スキージャンプの選手はかなりの度胸の持ち主だね…

 

大倉山展望台から札幌の街を眺める

大倉山展望台からの眺め

展望台からの眺めは天気のいい日であれば最高に良かったのですが、あいにくのくもり模様

 

私の住んでいる東区のつどーむまではっきり見えたので良かったです

さすがに自宅までは確認できませんでしたが(笑)

 

 

札幌の密集具合がはっきりみえるだけでも都会ですねー

 

大倉山展望台内部

展望台の内部ではデジタル式の双眼鏡までおいてあるので、札幌の細部までみることができます

 

 

 

大倉山展望台のスイーツ

大倉山特製ソフトクリーム

大倉山特製ソフトクリーム

夕張メロンの果汁を使用し、コクの後にさっぱりとした味わい

 

甘ったるくないので

 

観光の時に食べ過ぎてちょっと…

という人にも食べられるソフトクリームになっています

 

こちらの大倉山展望台にいらしたときはぜひ食べていただきたい

 

味はバニラ、夕張メロン、ミックス(バニラと夕張メロン)

 

大倉山展望台の記念メダルもあります

大倉山展望台の記念メダル

道の駅めぐりではピンバッチ

観光地めぐりではこの記念メダルを集めるのも旅の楽しみになります

 

どこでもおいてあるわけではありませんが、比較的有名な観光スポットにおいてあることが多いです

 

 

北海道では登別マリンパークニクス、登別クマ牧場、青少年科学館、さっぽろテレビ塔などに記念メダルがおいています

 

 

大倉山展望台の所要時間

リフトの往復で10分

ソフトクリームや記念メダルなどを楽しみ展望台で景色を眺めて

 

30分程度です

 

大倉山展望台のまとめ

ジャンプ台スタート位置真上から

札幌オリンピックが開催され、その競技地として大倉山スキージャンプ台が使用されました

数々のオリンピッカーが集まり、健闘を称え合った場所を間近で感じることができるので熱心な冬のオリンピックファンが訪れると興奮するでしょう

 

ぼくもテレビでしかスキージャンプを見たことありませんでしたが、間近で見ると、とても人間では不可能じゃない?と言ってしまうほどすごい景色でした

 

大倉山展望台は、札幌オリンピックミュージアムとセットで入ることをおすすめします

セットで入ると100円割引になりました

 

冬は防寒をしっかりして行かないと風邪ひいちゃいますよ(笑)

 

丸坊主だったので、頭が寒くてしかたがなかった…