【層雲峡温泉】ホテル雲井に行ってきた!【レビュー】

旅の最中に一週間ぐらい宿泊する予定で、お世話になったこちらのホテル雲井さん。

外観は層雲峡温泉のイメージとは少し違うお城のように見えます。

今年の5月からリニューアルオープンして、間もなく宿泊できたので、レビューいたします。

ホテル雲井に行ってきた!

ホテル雲井さんの目の前にある黒岳ロープーウェイは徒歩2分のところにあります。

こちらのロープウェイを利用するお客さんは雲井さんに宿泊することが多く、登山客には大変人気があるホテルとなっています。

そしてその黒岳ロープウェイの隣にある「層雲峡ビジターセンター」は登山者に優良な情報を提供してくれる。天気予報から、大雪山の四季折々の風景が楽しめる場所もありました。

 

ホテル雲井に入ってみましょう

リニューアルされただけあって、入口からものすごいおしゃれな雰囲気が漂います。

山積みになった木が敷き詰められ、そこに「HOTEL KUMOI」と記されています。

ロビーには白樺の木を天井から床まで這わせていたして、「自然との調和」をテーマとしたロビーの造りとなっています。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”face.png” name=” “]入った瞬間ホテルを間違えたか思ったくらいおしゃれでした。[/speech_bubble]

 

ロビー横のスペースには、いろり風なデザインの置物が…

中から水蒸気と光を発して…お客さんを出迎えてくれます。

火を見るだけで気持ちが暖かくなります。

ちなみにホテル雲井さんは全室がWIFI対応というわけではなく、ホテルのリニューアルにちなんで、部屋のドアの関係で、部屋の隅々までWIFIが届きません。

なので、こちらのスペースか、ビリヤードスペースでインターネットを楽しむことをお勧めいたします。

 

受け付けのカウンターには、やさしいお兄さんが出迎えてくれました。

 

そして、ホテル雲井さんのもう一つのおしゃれスポットはこのビリヤード台です。

誰もやっていなければ無料でビリヤードを楽しめ、何時間やっても無料でプレイすることができます。

私も数回こちらのビリヤード台を利用し、仲間と楽しみました。

カップルや友人同士での宿泊の際は良いコミュニケーションスペースですね。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”face.png” name=” “]賭け事になると結構強かったり…[/speech_bubble]

お部屋を見てみよう

こちらはリニューアルされたお部屋の通路ですが、いちいちおしゃれです。

お客さんの宿泊数に応じてリニューアルされていない場所に案内されることもあったので、絶対のこの部屋じゃないとダメという方は問い合わせすることをお勧めいたします。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”face.png” name=” “]いやほんと層雲峡の温泉のなかで一番おしゃれなホテルじゃないかな[/speech_bubble]

 

お部屋に入るとそこで待ち構えていたのは不思議な形なクッションたちでした。

お部屋の雰囲気にあったクッションの色をチョイスしているため、全く違和感がないです。

リニューアルする前の和室をそのまま流用しているため、和室をおしゃれにしています。

こちらの和室は外国人旅行客の方には大変気に入る方が多いとのことです。

 

クッションと同時とこちらの明かりはリニューアルしたお部屋にちょこんと置かれていることが多く、蛍光灯をつけないでこちらの明かりだけで過ごすとカップルでお越しの方は非常に盛り上がります。

 

洗面所も統一感があり、シンプルで使いやすい造りになっております。

こちらのご紹介していただいたお部屋は四人部屋なのです。

 

ホテル雲井の気になる温泉

外国人旅行客の方にもわかりやすいように温泉の、のれんはMENS SPAと書いてありました。

この反対側に女性の入浴がスペースあります。

 

照明一つ一つにシカの角が二本添えられ、お風呂も自然と調和されていました。

浴槽は大きいものが一つに真ん中で仕切られ、通常の温度のお湯と熱めのお湯が張られています。

洗い場は四つあり、シャンプー、リンス、ボディーソープも備え付けられています。

私が入浴した時には外国人の方が入浴方法に困っていた方がいて、入口がシャワールームと勘違いしている人でした。カタコトで英語をしゃべると理解してもらったのでよかったです

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”face.png” name=” “]困ったときはお互い様だね。[/speech_bubble]

ホテル雲井の朝食と夕食のプラン

こちらは夕食のメニューとなっています。

基本的には部屋食やバイキング形式の形ではなく、食堂?のような大広間に集まり、指定した時間帯に食事をとるタイプとなっています。

朝ご飯の写真はありませんが、卵とソーセージやベーコン、味噌汁のセットが基本で、どのホテルの朝食でも見られる食事でした。

こちらのお食事の見どころは、たまに出てくるシカ肉を使ったソーセージがこちらの雲井さんご自慢の一品だそうです。

 

ホテル雲井の詳細情報

所在地: 〒078-1701 北海道上川郡上川町層雲峡

電話: 070-1580-6524

備考:空き部屋情報は各予約サイトまたは電話などでご確認ください。

HOTEL KUMOI


層雲峡温泉といえば、観光ホテルと朝暘亭の二つですが、リニューアル工事をしているところはここのホテル雲井さんしかないと思います。

主にリニューアルして良い点はその時代にあった部屋のイメージがなされているところや、清潔感があるように感じられる点だと思います。

 

こちらの雲井さんは、90年代に建てられ、出来てから約30年あまりの年数でリニューアルしました。

 

カップルや、層雲峡の黒岳の登山を楽しみたい!という方はぜひこちらのホテル雲井さんをご利用になってはいかがでしょうか?