札幌ライラック祭りを丸ごとご紹介!

さっぽろライラックまつりは2018年で60回目になる記念すべき年です。

最初の開催日は昭和34年に開催され、「ライラックの鼻が咲き揃う季節に文化の香り高い行事を行う」という呼びかけによりはじまったのがライラックまつりです。

 

札幌ライラック祭りを丸ごとご紹介!

 

大通り公園ではおおよそ400本ほど咲き揃う場所となっており、この時期うってつけの花となっています。

ライラックまつりは聞いたことがあるけど、行ったことがないという人にイメージができるようにご紹介いたします!

 

ライラック音楽祭もやってるよ!

ステージは結構しっかりしている!

ライラック音楽祭と代して吹奏楽の披露をおまつりにちなんで札幌市で活動している中学校、高校生を中心として吹奏楽部の活動の披露する場となっている。

曲は聞き慣れた音楽からクラシックの定番まで幅広い演奏をしてくれる。

演奏時間は10時~17時頃までとなっており、かなり長い時間楽しめるので、音楽を楽しみながらライラックと共に季節を楽しむのも良いかもしれませんね。

 

私の母校からも出て演奏していました!かっこよかった

 

いつまでも美しい観光地を保つための清掃活動

人が大勢行き交う大通り公園では、ライラックまつりにちなんで、清掃イベントが実施された

 

「ひろう」という体験を通じ、「すてない」気持ちを育てたいという願いという思いでこちらの清掃活動は実施されていた。

 

緑のビニール袋が配られているので、その袋に拾ったゴミを居れるキャンペーンだった。

 

いつまでも美しい観光地である北海道を守り続けるのは1人1人ゴミを捨てない意識をするということも大切だと思いました。

ライラック祭りのブース

こちらはアートぬりえ体験教室というブースで、こちらのATELIER.ムッシュユキさんが出店している。

 

ムッシュユキさんは、北海道のイラストレーターで、主に北海道の観光地を題材とした雪景色を描いている。

 

こういったインターネットで活動している方もイベントで参加しPRできるのは嬉しい限りです。

 

ムッシュユキさんのページは下記からご覧ください。

ALPHA 会員用ページ

北海道を拠点に活躍するプロのイラストレーターの個性がここに集結!北海道イラストレーターズクラブα(アルファ)会員の作品集…

 

こちらは和紙ちぎり絵展示・教室です。

 

和紙でちぎり絵をしている札幌を拠点に活動しているサークルです。

以前札幌のNHKギャラリーにてこちらのサークルの方々が出展していました。

和紙独特の柔らかい色で彩った風景はとっても素敵です。

 

ちぎった和紙だとは思えないほど細かい作りになっているので、相当作り込まれた作品の数々です。

 

ライラックの花にちなんで、花の作品の展示もありました。

 

主にライラックまつりのブースは展示やハンドメイド作品の体験教室を中心としたところが多い

ライラックの花を楽しむのも良いが普段自分がこれをやろう!とは思わないものも実際に体験できるので、このライラック祭りを機会にいろんな挑戦をしてみるのも良いかもしれませんね。

 

お宝鑑定無料&アンティークマーケットさんのブースでは、骨董品が沢山あり、フリーマーケットとは違った昔おばあちゃんの家において有りそうなモノがお値打ち価格で販売されていました。

アンティークが好きな方は見るだけでも楽しめるブースとなっていました。

ライラックまつりでひときわ目立っていたブースがお茶を飲めるとこでした。

こちらのブースだけではなく他に2つほど出店している方々がいたりと、どうやらライラックまつりではお茶を飲む場所として恒例になってきているかもしれません。

 

 

札幌近郊にあるスキー場のオーンズも出店していました。

スキー場のオーンズは毎年7月になるとゆりの花々が咲き乱れるゆり園に変わります。

ゆりの数はなんと213万輪の大規模のゆり園!

スキーだけではなく、年間を通し楽しめる場所となっています。

オーンズ春香山ゆり園詳細情報

出典 オーンズ春香山ゆり園

営業期間:7月上旬から8月中旬くらいまで

営業時間: 9時から17時

入園料:大人400円

備考:名前に「ゆり」があるかたと、来場当日が誕生日の方は入園料が無料。営業期間はHPで確認してください。

オーンズ春香山ゆり園

  オーンズ春香山ゆり園閉園のお知らせ 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 2013年の夏季開……

 


さっぽろライラック祭りのグルメ

国々のおいしいものが食べられるとはなんとも嬉しい!

ライラックまつりでは体験することはもちろん、食べる楽しみも与えてくれるおまつりです。

主にお肉を使ったお店が多いようです。

 

お昼時より少し前だったので比較的お客さんも少なかったので、すんなり購入することが可能でした。

 

こちらのカレーのお店タージマハールは長年札幌駅周辺を始めとした場所で営まれているカレー屋さんです。

現在は見ないが、タージマハールが出来た当初は地元のTVCMで良く目にしたのを覚えています。

昔の札幌のカレー屋さんのチェーン店では、初めてではないでしょうか?

 

どでかいフランクフルトが売られていました。

これ一本でお腹いっぱいになりそう

 

どでかいフランクフルトが置いてあったのはブラジル料理のシュラスコラムというラム肉を使ったさっぱりとした味となっている料理。

さっぽろオータムフェストにも参加している常連のお店でした。

 

キシュミシュさんのおとなりに見えるすごい大きい肉の塊がお客さんの目を引きます。

 

ライラック音楽祭ステージのとなりにはにくにくしい肉の専門店「肉バル酒場sapporo」さんのお店があったりして、こちらのお店には絶えず人が並んでおりすごい人気っぷりでした。

 

買った食べ物を食べられるスペースになっていました。席も相当数あったので、行く時間帯によってはゆうゆうと食べられます。

雨が降ったときには屋根付きのテントは嬉しいですね。

 

大通り公園には花がたくさん咲いていた

ライラックの苗が売られている!

ライラックは花ではなく木なんですね。私もライラックはずっと花のイメージでした…

ライラックの苗はさっぽろテレビ塔でプレゼントしており、大通公園一丁目にある札幌の観光スポットでもあるテレビ塔で毎年恒例のかわいい花苗を先着で200名にプレゼントしていた。

これの咲いているのはチューリップかな?と思われる植物も綺麗に手入れがされ、咲いていました。

 

ライラックの苗とはべつにミニトマト、フルーツトマト、スイカの苗まで販売していた。

そろそろトマトやスイカを植える時期だもんね

 

ライラックまつりのは札幌を代表とするお祭り

5月の中旬あたりに北海道観光をするには是非さっぽろライラックまつりへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

体験教室や展示物を見て楽しみ、北海道産のグルメを食べるのも楽しいです!

 

ライラックまつり詳細情報

大通り会場の他、川下公園の会場は十年前に追加され、そちらでも大通り会場と同様に楽しめる。

 

開催期間:大通り会場は5月16日~5月27日までの11日間の間で開催される。

川下会場(川下公園)は6月2日~6月3日の2日間だけ開催される。

(2018年)

さっぽろライラックまつり公認アプリも出ているのでそちらも合わせて使うとお得にグルメを召し上がることができます。

※開催期間や開始時間はHPで確認してみてください。

さっぽろライラックまつりは初夏の訪れを告げるおまつりとして札幌を代表するイベントです。2019年第61回さっぽろライラッ…