「ゲームをやめたい」と思ったらすべき4つの行動

「ゲームをやめたい」と思ったらすべき4つの行動

学生の頃から学校を休んでまでゲームをやりまくって、社会人になっても暇さえあればゲームばかりしていたユウトです。

ぼく自身ゲーム依存症を通り越して、生活の一部となってしまったゲームですが、いろんな出来事に遭遇して今はそこまでゲームをしなくても生きていける体になってくれました。

一時期はランキング上位をいくつかのゲームでも取るぐらい熱中していて、ご飯を食べるのを忘れるぐらい楽しかったゲームをなぜ克服できたのか。下記で解説したいと思います。

 

「ゲームをやめたい」と思ったらすべき4つの行動

まず、ゲームをやめたいと思ったことには理由があると思います。

 

・重要な出来事を成し遂げなければならない

・今後身体に影響を及ぼすから

・他人に迷惑がかかることがある

 

など人それぞれ辞めたい理由はあります。

ぼくは、仕事を優先して夢の実現に向かうために、ゲームをやめられました。

 

実際にとった行動とは

・ゲーム内で自分を追い込む

・リアル(自分の生活)できっかけを掴む

・他に熱中できるものを探してみる

・ゲームとリアルを区別しない生き方を選ぶ

この4つです。

 

ゲーム内で自分を追い込む

まさにオンラインゲームで仕事や学校を休んでまで熱中していて、ふと気づくと

「出席日数が足りない…」「クビを宣告された」

 

など、生活に支障出まくりな範囲までゲームの熱が及んでしまって、〇〇しなければならないけどとりあえずゲームを終わらせてから…

という感じで一日をだらだらとゲームで過ごしてしまうこともあると思います。

 

実際にぼくは、学生の時に出席日数のギリギリのラインをセーブしながら通学していました。

学生だからまあいっか!で終わらせていた自分が、社会人になってすぐに気持ちを切り替えて仕事に集中できるわけありませんでした。

 

そこで、私がとった行動は

ゲーム内で自分の居場所を自分で壊しました

仲の良いフレンドの連絡先を削除したり、わざとおかしい発言をしたり、ゲーム内のアイテムをすべて削除したり、フレンドに自分の装備をタダでプレゼントしたりと、いろいろやりました。

 

かなり他人に迷惑がかかることかと思いますが、これがぼくをオンラインゲームから強制的に抜け出した方法の一つでもあります。

自分のセーブデータを自分で壊したことをある人は必ずできると思います。

 

リアルできっかけを掴む

毎日同じことを繰り返して生活していると感じている人も少なくはありませんが、なかなか日常生活で新しいモノやコトに遭遇するのは無いと言い切るのはまだ早いかもしれません。

ささいなきっかけでも良いのですが、例えば

友達や、仲のいい職場の人に思い切って「最近ハマってる趣味とかなに?」

 

でも聞いてみるのも1つです。

1番良いのは全く知らないコミュニティ(サークル、スポーツの集まり、興味を持った趣味を活動している団体)に参加することだと思います。

そこでは、自分と違った考えの人がたくさんいて、いい刺激を受けられるかもしれません。

 

ぼくは、バドミントンをやってる社会人サークルに遊びに行ったりしてみましたが、久しぶりに身体を動かしてリフレッシュできました。

これはおすすめです。

 

他に熱中できるものを探す

自分で趣味を探すとなると、なかなか難しいですよね。

趣味さがし.comというサイトは100種類以上の趣味を画像つきで紹介しているので、みたことない趣味もいくつかありました。

 

こうやってインターネットを検索して見ていただいているわけですが、同じようにネットで「趣味」で検索してみてください。

きっと素晴らしい趣味に出会うと思います。

 

選り好みしたらやりたい趣味が全く見つからないこともあるかと思いますが、まずはやってみてつまらなかったら辞めればいいです。

趣味ですからね。

 

ゲームとリアルを区別しない生き方を選ぶ

 

一言で言えば自由に生きることです。

 

ゲームはリアルより自由な世界ですが、リアルでは思ったような発言や行動ができません。

ですが、意識をこれはゲームと一緒なんだと思えばいつもより行動的になるかと思います。

 

モラルやマナーを忘れずに立ち回らなければ、より人間関係が壊れていくのが欠点です。

 

いつも心に自由を持っていれば難しく考えていた物事が楽観的に考えられ、興味がなかったものでも魅力的に見えたりします。

 

この4つの行動を実行したぼくはゲームをやめられた

 

特に最後のゲームとリアルを区別しない生き方を選ぶと、学生のときの進路や仕事中の難しい出来事に直面してもゲーム感覚で解釈して問題をクリアすることが多くなりました。

他の人にこれを話すると「ちょっとなにいってんの?」と言われてしまうのがオチですが、ぼく自身はゲームも仕事も一緒だと思っています。

 

ゲームと人生はいくつもの問題に直面して、自分なりに攻略方法を模索し、今まで経験した情報からその問題に適応するということの繰り返しだと感じています。

問題はすべてシンプルだと思っています。以外と自分が考える以上に難しくは無いです。

 

なので、ゲームがやめられないと感じても、新しく趣味をもったり、自分の知らない世界に入り込んでみたりして新しい自分を見つけると今の自分とは違う自分に出会うかもしれません。

The following two tabs change content below.

ユウト

北海道の観光・グルメ、ゲームがだいすきです。 福祉関係の大学を卒業と共に農家へと道を進める→実家の自動車工場に就職+特殊車両オペレーターになる。 副業でハンドメイド作家で年間7桁の収入達成。実家のしごとを手伝いながらいきています

ゲームカテゴリの最新記事